【朗報】3DSとWiiUが個人で開発できる「Nintendo Developer Portal」が始動! 登録は無料だが、開発費はもちろん・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホゲームが個人で開発できる時代が来たように、

3DSやWiiUといった元祖のゲームでも個人で開発できる時が来たようです。

 

 

 

<1>,個人でも開発者アカウントが登録できるように

 

ポータルサイト「Nintendo Developer Portal」のリニューアルに伴い、

個人でもアカウント登録・取得ができるようになりました!

これまではこのサイトは、ゲーム開発者専用でしたが、

個人でも無料で登録ができるようになりました!

 

任天堂の3DS、WiiUゲームが個人でも開発可能に。登録は無料なものの…

ゲーム開発の対象は、3DSとWiiUとなっており、

うまく開発できれば、ニンテンドーeショップへの発売が可能となります。

ただし、発売先がニンテンドーeショップのみと記載されてることから、

個人がゲーム開発するには、ダウンロード版のみである可能性が高いですね。

 

さすがに、パッケージ版なら会社などの組織で

動かないと開発できないのは、目に見えてますが・・・

 

任天堂は「Nintendo Developer Portal」という、ゲーム開発者向けのサポートサイトを公開していますが、これがリニューアルされ、昨日から個人でも登録出来るようになりました

 

 

<2>,アカウント登録が無料とアピールしているが・・・

「Nintendo Developer Portal」にて、

個人でゲーム開発が出来るようになった分に気分が良いのか、

アカウント登録が無料であることを任天堂はアピールしております。

 

しかし、ゲーム開発を実際に手がけるとなれば、かなりの費用がかかります。

例えば、開発機材や必要なツールは自分で購入しなければならず、

製品版としてリリースするためにはレーディング取得の費用も必要となります!

レーディング取得とは、日本でいうCERO(年齢制限)であり、

そのためには、初めだけでも数十万円は支払わなければなりません!

 

また、この記事を作る時に気づいたことですが、

ゲーム開発参加のために個人でアカウントを開設できたとしても、

ゲーム開発の技術・知識や会社との承諾が必要になることから、

かなりハードルが高いことには変わりありません。

 

個人で作るにしても、ある程度の経験が必要となってくるのではないでしょうか?

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す