【感想】大逆転裁判を全クリ出来ました! 良かった所と改善してほしい所を書きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大逆転裁判を1週間でクリアいたしました!

最初は短いと思っていたのが、第5話でかなり長かったので、

全体のボリュームとしてはちょうど良かったです。

 

 

とくに最終話である5話は、真核に迫る部分が見えてきただけに

1日のプレイ時間が5時間を超えることもありました。

私にとってはそれくらいハマっていたのでしょう。

逆転シリーズ自体が面白いですから~

 

そこで、実際にプレイしてみての

良かった所と改善してほしい所を挙げてみます。

 

 

良かった所

・サクサクとストーリーが進められた

今作に限らず、最近の逆転シリーズでは、

簡単にストーリーを進められるようになっております。

真犯人にたどり着くまでの複雑な推理とか、

巧妙なトリックを自分で解き明かすことが無かったので、

基本的に自然とストーリーを進められた感覚でした。

 

主な事件解決方法は、裁判中で証言に対してゆさぶったり、

調査では気になるところを1つ1つ調べたりすることで、

自ずとストーリーが進み事件解決できる流れが多かったと思います。

それらの点から、初心者でもプレイしやすい環境ですね。

 

 

・3D立体映像のおかげで、いろんな角度から調べられる

証拠品や人物を調べるとき、四方八方から調べられます。

この機能のおかげで、死角部分でも見ることができ、

そこからとんでもないものが出てくることもあり、

急展開になることも数々ありました。

 

例えば、この写真のひげを生やし過ぎた人は、

一見中年男性に見えますが、

 

544432

 

これを後ろで見ると意外なものが見つかり・・・

本当の正体が何者であるか分かる・・・といった感じです。

このシステムの搭載のおかげで、意外性が見つかり

その「意外性」がストーリーを面白くしたりするものです。

 

 

改善してほしい点

・全てプレイしたものの、ストーリーの不明点が多い

先ほども書きましたが、私は全てのストーリーを終わらせました。

しかし、今作は未だに不明点が残されていました。

未プレイの人には少しネタバレになりますが、例えは以下にあります。

 

・どうしてバロック・バンジークス検事は「死神」なのか?

・亜双義が倫敦留学での「使命」とは一体なんなのか?

・第5話に登場する未発表原稿「バスカビル家の犬」とは何か?

 

これ以上言い出したらネタバレの恐れがあるので自粛いたしますが、

とりあえず、謎だらけが多くスッキリしませんでした。

 

しかし、不明点が多い分、続編が出るのではないかと期待できます。

続編は1話ごとのダウンロード版なのか、ソフトで2を出すかの

どちらかになると予想していますが、

その分期待できる部分も多くなると前向きに考えても良いでしょう。

 

ネタバレは一部含みますが、

プレイ中や未プレイの人にとって、ご参考になれば幸いです。

 

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

イーカプコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す