【体験談】ブースターパックのゼノエクスカリバー.M.Iの付属品 ソードランチャーの使い方と特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<1>,ゼノエクスカリバーの相棒「ソードランチャー」!

前回の記事では、超アタッカーベイブレード

「ゼノエクスカリバー.M.I」を紹介いたしました!

参照:灼炎寺カイザのアタック型ベイブレード「ゼノエクスカリバー.M.I」

 

DSC_0706   DSC_0719

 

 

ゼノエクスカリバー.M.Iは、ブースターパックとして登場し、

その中には専用ランチャーとして「ソードランチャー」が付属されております!

 

DSC_0708

 

ゼノエクスカリバーのレイヤーにある金の大剣をモチーフとした、

黄色のソードワインダーはかなり特徴的です。

その写真が、パッケージの右側にでっかく表記されているので、

購入された方はすぐにお気づきになられたことでしょう!

 

ランチャーとして今まで登場してたのは、

ベイランチャーとライトランチャーの2種類ですが、

今回登場したソードランチャーの存在により、合計3種類になりました!

また、ソードランチャーの性能を

他のランチャーと比べると、以下の通りになります。

 

DSC_0716

 

さすが、超アタックタイプのゼノエクスカリバーのために

作られたランチャーだけに、シュートパワーが高いです!

また、シュートする時の持ち手が広範囲をウリに、

扱いやすさも相当期待できることでしょう!

 

 

 

<2>,ソードワインダーの向きで、2つのシュートパワーが存在!

ソードランチャーでシュートするための準備は簡単で、

ソードワインダーをランチャーのINの部分に差し込めば良いだけです。

しかし、ソードワインダーを入れる向きによって、シュートパワーが異なります。

ソードランチャーのシュートの種類は、

「安定シュート」「強力シュート」の2種類からなります。

 

①,安定シュート(ノーマルサイド)

DSC_0742

 

安定シュートを放ちたい場合は、ワインダーをランチャーに入れる時、

ワインダ―のギザギザ面が短い方を手前にしてください。

上の写真では見えませんが、左側にギザギザが少し見えるくらいです。

別の見方では、クリップ(右の黒い取っ手)に

シールが貼ってない方(真っ黒の方)を手前にしてください!

 

つまり、手前に「ギザギザが短い」「シール貼ってない」向きに

セットされたときの名前を「ノーマルサイド」と呼びます。

 

 

②,強力シュート(パワーサイド)

DSC_0743

 

逆に、強力シュートを放ちたい場合は、ワインダーをランチャーに入れる時、

ワインダーのギザギザ面が長い方を手前にしてください。

上の写真では見えませんが、左側に全てギザギザが見えます。

別の見方では、クリップ(右の黒い取っ手)にシールが貼ってる方を手前にしてください!

 

つまり、手前に「ギザギザが長い」「シール貼ってる」向きに

セットされたときの名前を「パワーサイド」と呼びます。

 

 

③,2種類のシュートパワーは状況に応じて使い分けよう

シュートパワーにも違いが見られます。

安定シュートは、パワーが最大限までに発揮されない分、

通常通りに回り続けられるといった特徴があります。

逆に、強力シュートは、パワーが最大限に発揮される分、

そのパワーが完全に出し切り、すぐにスタミナが切れやすいです。

 

つまり、2種類のシュートパワーは一長一短なので、

その時の状況に応じて、シュートの方法を変えてみて下さい!

 

 

<3>,ソードランチャーでのシュート時の持ち方

 

まず、ベイブレードをランチャーのツメの2か所に差し込んでください。

 

DSC_0745

 

 

次に持ち方ですが、左手はセットしたベイブレードの

左側の持ち手をギュッと握ってください。

 

DSC_0746

 

 

右手はシュートでワインダ―を引き抜くためにクリップを握る形になります。

その握り方は、人差し指と中指の間でクリップを挟み込むようにして下さい。

 

DSC_0747

 

そして、左手でランチャーの持ち手、右手でワインダーのグリップを

上記の通りにどうじに握ってシュートをしてください。

 

シュートする時の注意点ですが、

ワインダーを引き抜くときに自分の手を、

左側のワインダーのギザギザ部分や

セットしたベイブレードに当てないようにして下さい。

 

実際に、それらが起こってしまうと、ケガする恐れがあるので、

シュートする前に持ち方が正しいのかを確認することをおススメします。

 

 

<4>,ベイロガーを装着してみました

実は、ソードランチャーの上部分にベイロガー(別売)を装着できるのです!

 

(正面から)

DSC_0748

 

(側面から)

DSC_0749

 

ベイロガーを装着することで、ソードランチャーからシュートした

ベイブレードの記録などが確認できるようになります!

ゼノエクスカリバーをこのソードランチャーでシュートすれば、

攻撃力が最強レベルにまで達し、相手をバーストさせる回数が多くなるでしょう。

 

 

(ベイロガーをソードランチャーに装着させる方法)

ソードランチャーの右側にある出っ張り部分があります。

DSC_0752

 

ベイロガーのロックパーツ(灰色の輪っか部分)をその出っ張り部分にはめて下さい。

なお、そのはめ込み部分は左右の2か所あるので、反対側も同じ方法ではめて下さい。

DSC_0753

 

 

(ベイロガーをソードランチャーから取り外す方法)

逆にベイロガーを取り外す方法ですが、

そのまま強引に手で取り外すことはできません。

むしろ、自分の手が痛くなり、爪が折れるリスクがあります。

 

正しい取り外し方は、ベイロガーのロックパーツの上部分を

机などの固い所に押しつけて下さい。

DSC_0754

 

すると、カチッと音がします。

その音がしたら、ロックパーツが外れてベイロガーを外すことが出来ます!

DSC_0755

 

意外にもテクニックが必要ですが、カチッと音がした時の爽快感は大きいです(笑)

 

これらの方法は、他のランチャーでも

同じやり方で取り付け・取り外しすれば出来ることです!

参照:ベイロガーとランチャーの取り付け方と取り外し方を公開!

 

ベイロガーとのコラボレーションに限ったことではありませんが、

ソードランチャーの存在は、今後のベイブレードバーストにおける

大きな革命を引き起こすものだと期待しております! 

私も本格的に始めようかな~?

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す