【レトロ情報】ゲーム互換機のレトロフリーク 本体のサイズと11種類対応のカートリッジアダプターが大公開! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レトロゲームであるゲームボーイ、ファミコン、メガドライブなどの

11種類のゲーム互換機「レトロフリーク」の発売日が、

公式サイトによると2015年春発売となっているものの、

4月半ばを最後に更新が無いことに不安を感じるタテキョーヤです。

 

レトロフリークがついに情報が更新された、

まさか、発売日が決定した!!と思いきや、

やっとレトロフリーク本体の画像が公開されました!

タイミングがかなり遅いですが、

本体画像が初公開されているのでかなりの大ニュースです!

 

 

,本体サイズがなんと世界最小クラス!?

レトロフリークの本体サイズがついに公開されました!

むしろ、「やっとだ!」と思われている方が多いかと思いますが、

その画像もはっきりと公開されました。

 

5月22日①

 

画像だけでは実寸大は分かりませんが、

左下に表示されているように初代ファミコンソフトと

ほとんど同じサイズと世界最小クラスです!

実寸サイズなら縦70mm×横110mmとお手軽になりますが、

小さい分紛失するリスクもあるので

念のために場所配置には気を付けた方が良いですね。

 

しかし、レトロフリークでゲームプレイする時は、

世界最小クラスのこの本体だけではダメなのです。

他の機器が必要になってくるのです。

 

 

,11種類対応カートリッジアダプター

レトロフリークは、11種類のレトロゲーム機に対応したゲーム互換機であり、

昔ゲームで青春を過ごした人たちにとっては欲しくなるものばかりです。

対応する11種類のゲームソフトは以下のものとなります。

 

1,ファミリーコンピュータ

2,スーパーファミコン

3,Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)

4,ゲームボーイ

5,ゲームボーイカラー

6,ゲームボーイアドバンス

7,メガドライブ(NTSC/PAL):メガアダプタ使用時はセガ・マークIII対応

8,GENESIS(北米版メガドライブ)

9,PCエンジン

10,TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)

11,PCエンジン スーパーグラフィックス

 

11種類対応で、さっきの最小の本体でゲーム出来るのか?

もちろんできません!そこでカートリッジアダプターが必要となります。

画像も公開されており、以下のようになります。

 

5月22日②

 

差込口がたくさん開いており

色んな機種に対応できるような設計です。

上の向こう側はメガドライブシリーズ、

上の手前側はファミコンシリーズ、

手前の左側はPCエンジンシリーズ、

手前の右側はゲームボーイシリーズの差し込み口となります。

 

また、本体はアダプター後ろの下あたりにはめ込めば、

やっと作動できる仕組みになっております。

 

いろんな古いゲームがこの1機でのプレイは便利ですが、

プレイする時は構造が複雑でやりづらいかもしれません。

最初は説明書とにらめっこする日々が続きそうですね。

でも、何回も使う込んでくるうちに慣れてくるものなので、

レトロフリークも触れば触るほど楽しくなるゲームになるはずです。

 

 

果たして、レトロフリークはいつ発売になるのか?

レトロフリーク自体の発表と同時に

大まかな発売時期も2015年春と表記されていました。

現在は5月後半である一方、すでに2015年春が終わろうとしてるのに、

まだ発売関連については一切不明のままです。

 

11種類対応だけに機械のしくみがややこしいのか、

完成までに時間がかかるのではないかと考えております。

私たちがプレイできるまではまだまだですが、

どのようなゲームになるのかその過程を楽しみにしていきましょう!

 

レトロゲームを激安販売!! ファミコンならファミコンデパート!

FC-HOME88/内蔵ゲーム88種類/ファミコン互換機/FC/ゲーム互換機/おもちゃ/玩具/レトロゲーム/【…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 心姫 より:

    次に帰省いた時に、
    カセット類が残ってるか、
    探さなくては~!
    いつ発売になるんでしょうね。

コメントを残す