【朗報】レトロフリークの対応機種が3種類増加することに! 別売のギアコンバーターでプレイ可能へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月31日に発売された11種類のレトロゲームが

プレイできるハード「レトロフリーク」が発売されました。

参照:「レトロフリークの発売日は、2015年10月31日に決定!」

 

6月10日⑤

 

その11種類は以下のとおりです。

 

1,ファミリーコンピュータ

2,スーパーファミコン

3,Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)

4,ゲームボーイ

5,ゲームボーイカラー

6,ゲームボーイアドバンス

7,メガドライブ(NTSC/PAL):メガアダプタ使用時はセガ・マークIII対応

8,GENESIS(北米版メガドライブ)

9,PCエンジン

10,TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)

11,PCエンジン スーパーグラフィックス

 

昔よくプレイした20~30代の方には

ゲームのお宝と呼べるゲーム機なので喜んでくれる人も多いです。

ネット上ではすぐに売切れが出るほどなので・・・

 

 

 

レトロフリークが新たに3種類プレイも可能に!

しかし、これだけで喜ぶのはまだ早いです!

レトロフリークはその11種類に加えて、

・ゲームギア

・セガ・マーク(カートリッジ/マイカード・マークⅢ)

・SG-1000(カートリッジ/オセロマルチビジョン用カートリッジ/マイカード)

上記の3つの追加機種が新たにプレイできるようになります!

 

11月13日③

 

プレイ記種は任天堂のみだと思っておりましたが、

セガも追加されたことで、さらに融通の利く対応ハードとなります。

そのプレイ出来る方法とは一体なんでしょうか?

 

 

レトロフリークに「ギアコンバーター」を差し込むだけ!

追加機種となるセガ3種類のゲーム機をプレイするには、

専用のギアコンバーター(別売)をレトロフリークに差し込むだけです。

 

・専用のギアコンバーター単体

11月13日②

 

・ギアコンバーター使用時のレトロフリーク

11月13日①

 

発売日は2016年2月13日の予定であり、希望小売価格は7,560円となっております。

ギアコンバーターを使用するには、

レトロフリークのアップデートが必要となるうえ、

そのためにはmicroSD(別売)も必要となってきます。

 

 

今後、アップデートはこまめにして下さい

レトロフリーク発売当初、所々で不具合が相次いでいるようで、

ソフトが起動できないなどの内部エラーも少なくありませんでした。

参照:「レトロフリークの不具合!『デスピサロ』や『ポータブル』って何?」

 

11月5日②

 

その現状を販売元のサイバーガジェットさんが察知してくれたおかげで、

発売当初から現在までの半月で2度のアップデートを行いました。

その結果、レトロフリークは今のところ調子が良いとのことです!

 

今後もたくさんのジャンルを追加するとも考えられるので、

アップデートは怠りなく行うことをおススメします。

 

レトロフリーク (レトロゲーム互換機)(コントローラーアダプターセット)

【Amazon.co.jp限定】 コントローラー +1個、オリジナルカラー仕様】

レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークⅢ、SG-1000用ソフト向け】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す