【紹介】サン&ムーンの新ポケモン「ヤトウモリ」 面白い特徴と新特性「ふしょく」の追記を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、サン&ムーンの新ポケモンとして、

英語表記で「Salandit」と紹介されていました。

 

ポケモン サン ムーン、新ポケモン「Salandit」の動画が公開。全てのタイプに毒が有効の強力さ

 

Salanditが登場したばかりの当時は発信地が海外だけに、

日本での名前がまだ発表されていませんでした。

参照:サン&ムーンの新ポケモン「Salandit」 特性の「腐食」が強いと話題に!

 

しかし、本日公式サイトでそのポケモンが公開されたことで、

日本での呼び名がついに判明しました! その名前は「ヤトウモリ」です!

 

 

 

<1>,ヤトウモリのずかんデータと面白い特徴

今回は、「ヤトウモリ」という新ポケモンが登場することが明らかにされています

ヤトウモリの豆知識は非常に面白いものであり、

その内容については大きく分けて2通りございます!

 

 

(体から危険物を発生させる恐怖のトカゲ)

ヤトウモリは、尻尾の付け根から炎と一緒に毒ガスを発生させます。

ただ、毒ガスには特異的な特徴がありまして、

それは甘い香りが漂い、吸った人間やポケモンをフラフラにさせます!

 

甘い香りでフラフラにさせるという表記から、

炎と毒ガス以外でまだ何かを出しているということになりますが、

その正体は一体何なのでしょうか?

 

 

(甘い香りでフラフラにさせるものとは?)

これはヤトウモリのメスに限った話ですが、

人間やあらゆるポケモンのオスを魅了させる「フェロモンガス」です!

これを吸ってしまうと、ヤトウモリの思い通りに操られてしまいます。

 

炎、毒ガス、そしてフェロモンガスと

ヤトウモリの体から噴出する物質はどれもこれも危険物ですが、

このフェロモンガスが一番恐いですよね・・・

 

 

<2>,新特性「ふしょく」で全てのポケモンに毒状態にはできるが・・・

昨日紹介したヤトウモリが持つ特性「ふしょく」は、

本来、効果が無い「はがね」「どく」タイプのポケモンに対しても、

「どく」状態にさせることができます!

 

どくタイプのズバットに対しても・・・

日本語での名前は今のところ不明ですが、「Salandit」は、どく、ほのおタイプのポケモンであることが明らかに

 

はがねタイプのエアームドに対しても・・・

SnapCrab_NoName_2016-7-7_23-53-51_No-00

 

ヤトウモリの「どくどく」でこの2匹が、

毒に浴びせられているのが分かるでしょう。

前代未聞の全タイプに対してのどく状態にできるので、強力な効果といえます!

 

残念ながら、どくタイプの攻撃技が、

はがねタイプのポケモンに対して有効になるということは無さそうです・・・

私もそのことに関しては気になっていたことですが、

相変わらずはがねタイプには効かないと知った今では、ガッカリです・・・

 

ゴーストタイプに対して「みやぶる」のノーマル技、

「ふゆう」のポケモンに対して「かたやぶり」の地面タイプの技で

無効から有効にさせるものだと期待してましたが、

結果的には実現できなかったです・・・

どくタイプの活躍する日がくるのは、一体いつになるのでしょうか?

 

でも、ヤトウモリはほのおタイプでもあるので、

はがねタイプに対して毒が効かなくても、

ストレートにほのおの攻撃技でこうかばつぐんを決めた方が良いですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す