【体験】ベイブレードバーストついに購入! ベイブレードの基本と「ヴァルキリー・ウイング・アクセル」の攻撃型特化ベイの紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の好きなおもちゃの1つであるベイブレードの新シリーズ

「ベイブレードバースト」をついに購入しました!

記念すべき第1回目の購入ベイブレードは・・・

 

IMG_20150809_234602953

 

DXスターター「ヴァルキリー・ウイング・アクセル」

 

コロコロで連載されている漫画の主人公が、

使用しているらしきベイブレードです。

 

また、最初に発売されたベイブレードなので、

シュートに必要な器具の「ライトランチャー」 と、

ベイブレードの記録装置「ベイロガー」 も同梱しております。

 

同じDXスターターである

「スプリガン・スプレッド・フュージョン」

どちらを買うのか迷いましたが、

主人公が使用してるベイブレードの方が

評判が良くなりそうという予測からヴァルキリーにしました。

 

 

 

バースト世代の作り方とシールの貼り方

パッケージを充分に眺めたら、早速ベイブレードを作りました。

 

IMG_20150809_234849863

 

説明書に作り方やシールの貼る箇所が丁寧に記載されていましたが、

白黒表記だったので、文字が見づらかったです。

特に、シール貼りは説明書を見るよりも

パッケージのカラー写真を見ながらの方が進めやすいです。

 

バースト世代から3構造となったので、

作り方は前世代と比べると簡単になりました。

初めて作ってもわずか15秒と素早く出来るのは嬉しいです。

 

IMG_20150809_234641455

 

上から「レイヤー」「ディスク」「ドライバー」

それぞれの部品の名称が有りまして、

それらには何かしらの特徴があるので、

その総合的な考えからベイブレードのタイプは決まります。

 

IMG_20150810_095143325

 

ちなみに、ヴァルキリーは、「アタックタイプ」です!

 

 

実際にベイブレード・ヴァルキリーを回してみた

作ったからには早速ベイブレードをシュートしてみました。

ランチャーにベイブレードを装着して・・・

 

IMG_20150810_095229999

 

「3、2、1、ゴーシュート!」

 

ベイスタジアムで前世代のベイブレードと戦ってみると、

スタジアムの外周を暴れ回った挙句、

相手のベイをスタジアムアウトにさせるほどの威力ぶりでした。

他の場所に移し、地面の床でも試しに回してみたところ、

とにかくよく動き、5mくらい向こうの方に行きました。

 

この動き方は典型的なアタックタイプかと思いました。

 

もう1度ヴァルキリーの構造写真を確認すると、

 

IMG_20150809_234641455

 

ヴァルキリーには一部出っ張りのある部分があり、

レイヤーの「ヴァルキリー」には3つの刃で強烈な攻撃を繰り出し、

ディスクの「ウイング」には4つの羽のおかげで機動力の高い

攻撃特化型のベイブレードであることが分かります。

 

アタックタイプである一番の理由は、

下の部位のドライバーの「アクセル」にあります。

それは、軸先が平らで機動力があるおかげで、

高速で動き回り強力な攻撃を仕掛けられるからです。

 

ベイブレードのタイプは、アタック以外にも

防御力のあるディフェンスタイプ、

持久力のあるスタミナタイプ、

それぞれ平均的な能力のバランスタイプがあります。

 

それぞれのベイブレードのタイプを調べるには、

その部位の特徴を調べると分かります。

私も他のベイブレードをたくさん買うつもりなので

その都度調べてみたいと考えています。

 

ベイブレード バースト B-10 ベイロガー

ベイブレード バースト B-01 DXスターター ヴァルキリー・ウイング・アクセル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す