【実態】プロゲーマーの仕事内容と給料は? また、ウメハラさんはいくら稼いでいるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、プロゲーマーのウメハラさんは

飲料メーカー「レッドブル」とのスポンサー契約を結びました。

「Mad Catz」に続き、2社目となります!

 

スポンサー契約が成立すれば、

プロゲーマーとしてのお仕事が増えてくると予想されます。

しかし、「プロゲーマー」という職業は日本ではそれほど浸透しておらず、

ゲームといっても、ほとんど遊びやお遊戯としか捉えていません。

日本人は、もう少しゲームに関して良いところを見つけてほしいですね。

 

そこで、私はゲーム大好き人間の1人として、

プロゲーマーの仕事内容ともう少し踏み込んで、給料面も調べてみました。

 

 

 

プロゲーマーの仕事内容

中国・韓国・欧米などの海外での活動がメインとなり、

大会参加での賞金・対戦イベントの報奨金で稼ぐことで生計を立てております。

先ほどウメハラさんの話でも出てたように、

ゲーム会社などのスポンサー契約することで、

イベント実演や講師などもすることもお仕事の1つとなります。

 

しかし、日本では賭博罪や景品表示法などの法律の規制により、

プロゲーマーとして認めてもらえる環境や風習ではありません。

その規制さえクリアできていれば、

日本でも賞金を賭けたゲーム大会が積極的に開かれるのに・・・

でも、ギャンブルと捉える方もいるようで仕方がない部分もありますが・・・

 

また、プロゲーマーの人数は世界で5,500万人も存在するといわれ、

その中でもそれだけで食っていけるくらいの割合は4割もいるとのことです。

それに対し、日本では数人しかおらず、その中にあのウメハラさんがいます!

 

 

プロゲーマーの給料は? ウメハラさんはいくら稼いでいるのか?

プロゲーマーにはなりたくないという人でも、

ゲーム好きならば少しばかりは気になるのではないでしょうか?

正確な数字ではありませんが、年収400~500万円くらいです。

平均月収に換算すれば、33~42万といったところでしょうか。

 

ただし、プロゲーマーはサラリーマンのような固定給ではなく、

その時の大会の賞金や成績から給料が判明することが多いです。

いい成績を残した時には多額にもらえる一方、

勝利がゼロならば賞金もゼロというのもよくある話です。

 

 

プロゲーマーは個人よりもチームとして大会に参加することが多く、

優勝賞金が1000万だとしても人数分で分配することがほとんどです。

大会に良い成績を残したとしても、雀の涙くらいというのもザラではありません。

 

ちなみに、日本人プロゲーマーとして最も有名なウメハラさんは、

あるインタビューでは5000万円よりは少ないと公言してることから、

ざっくりいうと、2000万~3000万円あたりとなります。

(そもそも、情報は明確なものではありませんが・・・)

 

 

プロゲーマーになるためには・・・

海外へ出向くことが多いことから、英語や中国語などの語学力を身につけること、

大会に用いられるあるゲームの練習の為に1日10時間プレイはザラではありません。

プロゲーマー画像1

さすがの私でも10時間はプレイしたことが無く、

出来ても3~4時間くらいが限界かもしれません・・・

そう考えると忍耐力や集中力、そして体力も必要となります。

プロゲーマーの年齢層は10代後半から20代前半が多く、

30代を境に競技人口はめっきり減っているようです。

 

もし、ウメハラさんのようなプロゲーマーになりたいのならば、

中学生の頃から格闘ゲームやオンライン対戦にのめり込まなければなりません。

ゲーム好きでもこればかりのレベルにはもうついていけません。

 

私は一般的なゲーマー+ブロガーでいきたいです!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す