【結果発表】アニメ「ポケモン XY&Z」のカロスリーグ決勝戦! サトシVSアラン、優勝はどっち!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメ「ポケットモンスター  XY&Z」もクライマックスを迎え、

ポケモンリーグカロス大会でサトシVSアランの決勝戦が行われました!

 

ancb00702

 

決勝戦であるサトシVSアランのバトルは、

8月11日(祝・木)と8月18日(木)の2週にわたり放送されました!

以下は、サトシVSアランに関わる放送年月日とその回のタイトルです。

 

2016年8月11日放送 「決勝戦!  サトシ対アラン」

2016年8月18日放送 「カロスリーグ優勝!  サトシ頂上決戦!」

 

第1週は、サトシがピカチュウ・ヌメルゴン・サトシゲッコウガの3体で、

アランがキリキザンとメガリザードンXを残すまま終了となりました。

お互いに一進一退の展開を見せるバトルでしたが、

第2週でその決着が着き、カロスリーグの優勝者が決定いたします!

果たして、サトシは今度こそ優勝できたのでしょうか!? その結果は・・・

 

 

 

優勝はどっち!? ラストバトルの結末は・・・

サトシ10歳、またリーグ優勝を逃す。ポケモンアニメでバトルし続けて19年

 

8月18日放送回でついにカロスリーグの優勝が決まりました!

早速ですが、カロスリーグの優勝者は・・・

 

SnapCrab_NoName_2016-8-18_22-20-59_No-00

 

 

アラン選手となりました!

サトシ、もう少しで優勝だったのに、これは残念です・・・

 

ちなみに、サトシとアランのラストバトルを飾ったのは、

サトシゲッコウガとメガリザードンXです!

 

 

最初はお互いに一進一退で攻めるバトルでしたが、

サトシゲッコウガに変身してから、サトシの方が有利にバトルを進めていました。

みずしゅりけんを使った戦法はメガリザードンXにもよく効いており、

この時ばかりはサトシが初の優勝を飾るものだと思い込んでいました。

 

しかし、ラストシーンでサトシゲッコウガの「巨大なみずしゅりけん」と、

メガリザードンXの「ブラストバーン」でお互いに決着をつけようとした結果、

サトシゲッコウガが倒れ、メガリザードンXは余裕の表情で立ちはだかっていました。

つまり、メガリザードンXの勝利で、優勝はアラン選手という結末を迎えました!

 

 

 

サトシはあと一歩のところで優勝を逃したものの、

悔しさを全く見せず、むしろアランとバトルできたことによる喜びでいっぱいでした!

 

 

 

 

サトシ敗北後、悔しさいっぱいでサトシの涙は出てくるかと思いきや、

本当にサトシは終始笑ったままでした。

さすがに、こればかりは耐えられないものだと思っていましたが、

その様子は全く見られず、嬉しさいっぱいのサトシを観ると、

そっちの方がサトシのカロスリーグは有終の美で幕を閉じたといっても良いですね。

 

 

サトシはポケモンリーグを優勝しない方が良いのかもしれない

これまでのアニメポケモンシリーズにおける

サトシのポケモンリーグ戦績は以下のようになります!

 

ポケモンリーグ セキエイ大会 : ベスト16

オレンジリーグ : 名誉トレーナー認定

ジョウトリーグ シロガネ大会 : ベスト8

ホウエンリーグ サイユウ大会 : ベスト8

シンオウリーグ スズラン大会 : ベスト4

イッシュリーグ ヒガキ大会 : ベスト8

カロスリーグ ミアレ大会 : 準優勝

 

サトシはポケモンリーグ優勝できずに19年間アニメが続いています。

しかし、カロスリーグで準優勝した時に、

サトシはポケモンリーグに優勝しない方が良いのではと感じるようになりました。

 

私がそう思っているのは、

ストーリーに意外性があれば、一層に面白くなるものだからだと考えています。

 

他のアニメの大半は、このようなバトルトーナメント形式が放送される場合、

大体主人公が運の良さのおかげで優勝して、

有終の美をどうしても飾りたいのかきれいごとのようなストーリーが多いです。

つまり、主人公は優勝で終わるという定着ができてしまいました。

 

私もそのようなストーリーのアニメを何度も観ており、

その展開のアニメに出会うたびに、最初から結果が分かっているストーリーは、

面白くないものだとウンザリすることも少なくありませんでした。

 

しかし、ポケモンシリーズではシリーズの終盤に、

ポケモンバトルの大御所「ポケモンリーグ」が開催されるのですが、

サトシは今まで一度も優勝したことがありません。

 

それでは面白くないと思う方もいるかもしれませんが、

むしろ、そのような意外性や予測できないような

ストーリーに変わったスパイスを与えた方が良いかと考えられます。

アニメポケモンが19年半も放送できるのは、そのような特徴があるからかもしれません。

 

アニメポケモンに対する核心のお話でしたが、

これからもアニメポケモンを応援していきたい所です!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す