【体験記】3DSダウンロードソフト「名探偵ピカチュウ」をプレイしてみました! 操作性は簡単で子供でもプレイしやすいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週配信されたばかりの3DSゲーム

「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」をプレイしてみました!

 

DSC_0338

 

全て3D化されているので、グラフィックのキレイさは抜群です!

参照:「名探偵ピカチュウが2016年2月3日に配信開始!」

参照:「名探偵ピカチュウの特徴が判明! 大人っぽい性格がにじみ出てる!?」

 

 

 

操作性は簡単で、お子さまにもプレイしやすいです

ポケモンと推理サスペンスとのコラボは初めてだけに、

一体どのようなゲームになるのかかなり気にしていました。

第一印象としては、推理ゲームは大人向けのものが多いだけに、

正直馴染めない人もいるのではないかと心配していましたが、

さすがポケモン、操作性やストーリーの流れは分かりやすいです!

 

例えば、最初のストーリーは「エイパムからネックレスを取り戻す」ことですが、

そのためにまずは近くの人やポケモンたちに聞き込みをしていきます。

 

DSC_0340

 

そして、何か重要な証言や証拠が得られれば、次第に集まっていきます。

これらの証拠はあとで事件の推理を解くためのヒントとなるので、

時折、じっくり読んでおいた方が良いです。

 

DSC_0357

 

DSC_0356

 

その他、周りで気になる箇所があれば、近くで調べてみてください。

 

DSC_0340

 

例えば、上記の写真では後ろ右側のシャッターに「白いエイパムの手形」がありますが、

それを調べれば何か解決の糸口が見えてくることもあるからです。

とにかく、名探偵ピカチュウのゲームの進め方は、

まず人物とポケモンの聞き込みと周辺の証拠集めをしていき、

取り逃しが無ければ、ピカチュウと一緒に推理を考える順序になります!

 

DSC_0359

 

DSC_0358

 

たまに、ピカチュウからの呼びかけがあり、

そこから推理のヒントを教えてもらう展開も出てきます。

推理ですが、選択式が多く間違ってしまっても、

最終的に当てずっぽうでいけば進められるようになります。

推理ゲームによくあるゲームオーバーでやり直し形式は一切ありません!

 

推理サスペンスはシリアスな面もあり緊張してしまいますが、

今回はポケモンの作品で、お子様にもプレイしやすい環境なので、

リラックスしながらプレイできるゲームとなっています!

 

 

ピカチュウの声はかなり大人っぽいですが・・・

今回はおしゃべりできるピカチュウとしてボイスが入っていますが、

偉そうで大人っぽい部分があるので、お子様には少し馴染めない部分があります。

以下の動画でピカチュウの声を聴けます!

 

 

しかし、ストーリーを進めていくうちに、

推理の糸口を見つけてくれるピカチュウが必要不可欠な存在となります。

それ以降はきちんと頼りになるパートナーとして見ていくことでしょう。

 

でも、ピカチュウは元々この性格ではありませんでした。

それは過去に大きな出来事があったからのことですが・・・

その真相はぜひ自分の目で確かめてみましょう!

 

先ほどにも記載しましたが、推理ゲームは大人向けのイメージがありますが、

本作品は人物よりもポケモンが中心の世界となり、

ポケモンたちのかわいいしぐさを眺めながらプレイしていくこともできます。

その点から、お子様にもワイワイと楽しみながら推理を進めるゲームとなっております!

 

ニンテンドープリペイド番号 1000円 [オンラインコード]

ニンテンドープリペイド番号 2000円 [オンラインコード]

ニンテンドープリペイド番号 5000円 [オンラインコード]

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 柳瀬拓己 より:

    こんにちは。今のところステージはどこまで進んでいますか?
    後見たら返信してください。
    後学校が始まって返信するきかいが少なくなります。

    • tatekyoya より:

      たっくんへ

      お久しぶりです。
      私は現在、ステージ8の暗闇を駆け抜けろです。
      最近、敵のレベルが高いせいか、
      本ステージに挑む勇気が出ません

  2. 心姫 より:

    お、やりましたか~。
    私はまだです。
    今やってるゲームがあるんで、
    せめてそれが終わってからではないと、
    やる時間がないもんで~。

コメントを残す