【お得!】3DS版「ドラクエ8」の最高峰の攻略本、公式ガイドブックを購入! エンディング以降の攻略から全てのアイテム一覧などを公開する完全網羅な攻略本!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに3DS版ドラクエ8の最強の攻略本が発売されました!

 

DSC_0039

 

「3DS版  ドラクエ8  公式ガイドブック」

 

タイトルには公式と記載されていますが、

事実上、究極ガイドブックと呼称されても

良いほどの内容が詰まっております。

 

第1弾の攻略本「世界探索の書」には記載されていなかった

・エンディング後のストーリー、

・錬金レシピアイテムの逆引き辞典、

・マップの中にある道具の明示

などなどドラクエ8に関して全て記載されている最強の攻略本です。

 

DSC_0052

 

表紙から想像できないかと思いますが、

なんと全750ページもあります!

ボリューミーで使い勝手の良い攻略本の中で、

特に役に立つ部分を見ていきます。

 

 

 

①,マップやストーリーがさらに見やすくなっている

前回の世界探索の書でもマップの見栄えは良かったですが、

今回は親切にも道具の明示されるようになり、

どこに何があるのかも初めて挑戦するダンジョンでも、

すぐに把握できるようになりました。

 

DSC_0044

 

DSC_0046

 

さらには、ある場所で起こるイベントシーンや、

ダンジョンの難しい攻略方法も詳しく記載されております。

分からなければ、このポイント部分を見ることで、

どこで何をすべきなのかが見えてくるようになります。

 

そもそも、ダンジョン・街中の場所や

シナリオ的にどこに行けばいいのか分からない場合も

 

DSC_0050

 

このフローチャートで道が開けてきます!

寄り道情報も含め、シナリオの進め方を完全網羅しており、

私もシナリオに獲り逃しがないか確認しながら進めています。

何でも良いので、次どこに進めばいいのか分からなければ、

このフローチャートを見れば、ほとんどの事柄は解決します

 

 

②,錬金レシピの逆引き辞典

錬金で珍しいアイテムや武器が欲しいものの、

その大部分は錬金術のレシピで作られるものです。

 

DSC_0058

 

中には錬金を何度も繰り返しては

作らなければならないものがありますが、

そこで活躍するのが錬金逆引き一覧です。

 

DSC_0057

 

ここではあるアイテムがどのアイテムと錬金すれば

何のアイテムが出来るのかを確認できる一覧です。

このリストを利用することで、自分の目的の錬金アイテムを

どの順路でたどっていけば良いのかも整理しやすくなります。

 

おかげさまで、私はトップクラスの防御力を上げる盾、

「メタルキングの盾」を作ることが出来ました。

 

DSC_0059

 

 

③,エンディング後のストーリーが明らかに!

前回の攻略本「世界探索の書」では、

ラスボス前のストーリーまでしか記載されていなかったのが、

今回の攻略本ではラスボスはもちろんのこと、

竜神族の里以降のシナリオも明記されるようになりました。

 

DSC_0049

 

私はオリジナル版ではザコ敵の時点で

強く厳しかった竜神族の里で挫折しましたが、

今回は親切な攻略本のおかげでリベンジしていきたいです。

(私はまだエンディングまで行っていませんが(笑))

 

DSC_0056

 

それ以降はもちろんのこと、追憶の回廊にいる

かなり手強い隠しボスのステータスや対策も記載されております。

+αとして攻略アドバイスにて、

キャラクターの戦略を事細かく書かれているのは嬉しいです。

最後まで気を抜かず親切に教えて下さった攻略本はそれほどありません。

 

最後の最後のラスボスの存在も明らかになっておりますが、

あえてここでは言いません!

それは自分の目で確かめて頂きたいところです。

 

これ1つでドラクエ8を制覇出来るおススメの攻略本です!

みなさんもこの攻略本でドラクエ8の極めていきましょう!

 

3DSソフト ドラクエ8 【初回生産特典2つアリ】

3DS ドラクエ8 公式ガイドブック【後払いOK】【1000円以上送料無料】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] http://gameomocha.com/3ds-dq8-official-guidebook →2015年9月30日 … ついに3DS版ドラクエ8の最強の攻略本が発売されました! 「3DS版 ドラクエ8 公式 ガイドブック」 タイトルには公式と記載されていますが、事実上、究極ガイドブックと呼称 されても良いほどの内容が詰まっております。 […]

コメントを残す