【驚き】3DS版「ドラクエ8」の追加要素を公開! 新ストーリーや新ダンジョンの存在がジャンプで明らかに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3DSソフト「ドラクエ8」の発売日まであと2週間を切りました!

私はもう8月27日(木)が待ちきれません!

 

 

ただ待ってるだけではもったいないので、

オリジナル版とは違った

3DS版でのストーリー中心の追加要素を3つ紹介していきます。

 

8月12日①

 

ただし、それらの追加要素はジャンプのフラゲが情報源なので、

証拠写真に関しては、少し見づらい部分があります。

そのあたりをご了承ください。

 

 

<1>,衝撃の新ストーリー

オリジナル版と比べると、

3DS版は数多くのシナリオを用意しているそうです。

複数の写真を見てみましょう!

 

SnapCrab_NoName_2015-8-9_22-52-12_No-00

 

ついにヤンガスと女盗賊のゲルダとの関係が明らかになったり、

火事の家から宿敵のドルマゲスが立ち去る姿が目撃されたりと、

色んな衝撃を自分自身で体験するのが3DS版の醍醐味の1つです!

 

小さな写真の中でも一番目についたのが、白いキラーパンサーです。

みなさんもお気づきでしょうか?

 

ベルでキラーパンサーを呼び出すことで、

フィールドをキラーパンサーで素早く移動できるシステムは、

オリジナル版でもありました。

しかし、どうして白いキラーパンサーが映っているのでしょうか?

果たして、その意味とは一体何なのでしょうか?

 

 

<2>,誰も知らない新たな結末

オリジナル版でのエンディングにて、

モンスターのトロデやトーポの正体は人間だったり、

馬車のお馬さんは、お姫様だということは、

かつてよくプレイしてきた人にとっては、ご存知でしょう。

 

しかし、それ以外でもまだまだ結末は隠されているのです。

 

SnapCrab_NoName_2015-8-9_22-52-24_No-00

 

主人公に怒るグラビウス王に対して、

それに落ち込んでいる主人公の姿が公開されています。

 

確かにオリジナル版にて、この光景には見覚えありません。

リアルに新しいストーリーが語られる楽しみも大きくなりました。

その結末を知るのは、最後(?)までプレイする未来のプレイヤーたちです!

 

 

<3>,クリア後にやり込める新ダンジョン

オリジナル版では、表シナリオクリア後には、

強敵が待ち構える竜神族の里に行けるようになり、

そこのボスである第8形態くらいある竜神王とのバトルが可能でした。

 

しかし、以下の写真を見ると、

 

SnapCrab_NoName_2015-8-9_22-52-33_No-00

 

かつて見たことの無いオレンジ色の扉に、

遺跡らしきダンジョンの中にある多くの宝箱の存在など

リメイク版から追加されたダンジョンらしき空気が漂います。

 

さらに、扉の向こうの邪悪な気配の正体は、

 

8月12日②

 

リメイク版から登場の隠しボス「ジャハガロス」かもしれません。

新しい裏ボスという異名を持つほどなので、

竜神王並みに脅かす存在になるのは間違いありません。

 

このダンジョンの評価によって、

リメイク版のやり込み要素の面白さが

決まるといっても過言ではありません。

果たして、どのような展開が待ち構えるのでしょうか?

 

 

リメイク版でオリジナル版にはない新しさを追求を!

これは3DS版のドラクエ8に限らず、

リメイク版のある作品をプレイするならば、

オリジナル版にはなかった新しい要素を探し、

その面白さを体感することをおススメいたします。

 

先ほどのドラクエ8でいうと、

白いキラーパンサーや新ダンジョンの扉の存在、

グラビウス王の怒りの理由などを

自分の頭で予想しながら冒険していくと、

何か楽しい出会いや感覚がより味わうことが出来ます。

 

他の作品ならば、ポケモンORASでは、

レックウザのメガシンカについて語っていた

「エピソードデルタ」も追加要素の1つでした。

 

その物語のダンジョン「そらのはしら」における

昔話やグラードンやカイオーガ以外の

天災の原因も追加部分の対象だったので、

そのような展開を楽しめた人も多かったのではないでしょうか?

 

以上のように、リメイク版で

変更・改善部分を追求しながらプレイしていけば、

そのゲームに関しての面白味を充分に味わえます!

 

ドラゴンクエストVIII 【初回生産特典2つ】  3DS版 ドラゴンクエスト8 公式ガイドブック (SE-MOOK)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す