【祝!】PS4の国内累計販売数が200万台突破! 売上向上のきっかけと今後の展望 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PlayStation4が発売されてからもうすぐ2周年となりますが、

現在発売中のソフトにはまだまだパンチ力がありません!

しかし、2015年11月19日現在の国内累計販売台数を確認すると、

なんと200万台突破いたしました!

 

11月23日①

 

まさに画像通り、プレイステーションのレベルが上がりました!

「テテテテッテテッテー!!」(ドラクエのレベルアップ時の効果音)(笑)

 

おかげさまで200万台に突破したことで、

ここまで販売できた理由と今後の展望を書いていきます!

ただし、今からの記述は私自身の考えなので、

あくまでもご参考程度に置いてください。

 

 

 

PS4の売上台数が好調な理由

一番の理由はやはり今年10月に実施された

「PS4の5000円分の値下げ」が大きいかと思われます!

参照:「PS4本体価格が値下げいたします!近い将来PS4の時代がクルー!?」

 

PS4の他の据え置きゲームのXboxoneやWiiUと比較すると、

今後XboxOneの売上台数を追い抜く期待感があるのと、

WiiU版の普及ペースを大幅に抜くといった嬉しい現象も起こっております!

 

そうなると、値下げ後の売上台数も好調かと思いきや、

どうやら値下げ前とあまり変わっていない様子です。

上がったとしても、少し傾きが上がる程度です。

本体値下げだけではダメなのか、現在販売中のソフトのクオリティが

イマイチなのではとの心配する人も少なくありません。

 

 

今後発売されるのPS4ソフトは人気シリーズが多い!

他の据え置きゲームよりも期待感が大きいPS4ですが、

売上推移が極端に右肩上がりでない現実を知ったソニーは、

ソフトの強化対策に力入れるようになったのか、

今後発売されるソフトは人気シリーズが多めになっております!

 

私が注目してる人気ソフトは以下になります。

・ドラゴンクエストビルダーズ

・ドラゴンクエストヒーローズⅡ

・ドラゴンクエストXI

・龍が如くシリーズ(極・6)

・ストリートファイターV

・ファイナルファンタジーXV

・キングダムハーツⅢ

 

他にも人気作品がたくさん紹介していますが、

挙げだしたらキリがないほど多くの作品が登場します!

 

ドラクエシリーズが3作品もあるのはビックリしました!

ドラクエは1986年に第1作目として発売されて以降、

ナンバリングシリーズが25年かけて10まで発売出来ました!

全てミリオンセラー達成したことも大きな話題となっております。

 

外伝作品のヒーローズに関しては、

初週売上本数がPS3・PS4を含め59.4万本を達成したことで、

発売からわずか1か月後にはⅡの開発を進めるほどでした!

 

ストリートファイターも格闘ゲームブームとなったきっかけの作品であり、

Ⅱでは日本では288万本とビックな数字を叩きだしています。

その後、ゲームセンターでアーケード格闘の盛り上がりが大きくなり、

これも全てはストリートファイターがあったからこそだと考えています。

 

それ以外の作品もシリーズとして10年以上続いてるものが多いだけに、

PS4で発売すれば大きな効果が期待できるのではないでしょうか?

2016年こそPS4の年になることはほぼ間違いありません!

 

【新品ゲーム】PS4 ストリートファイター5 通常版 【数量限定特典:「キャミィ」バトルコス…

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

【初回購入特典】和風セット(桜の木・ゴザ床ブロック)先行入手DLC同梱

【Amazon.co.jp限定】特典「しにがみのきし&よろいのきし軍団

           +設計図DQIII魔法使い(男)」セット先行入手DLC付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す