【来たぞ】ミニサイズのプレイステーション「プレイステーション クラシック」が発売! 発売日は2018年12月3日(月)に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとあの人気ゲーム機もミニサイズとして発売されることが分かりました!

 

そのゲーム機とは・・・

 

「プレイステーションクラシック」の画像検索結果

 

「プレイステーション  クラシック」(PlayStation Classic)です!

 

ファミコン、スーパーファミコン、ネオジオに続き、プレイステーションまでミニサイズとしての登場です!

 

上記の写真では、片手だけで軽々しく持っていることから、これまでのミニサイズと同じくらいの大きさ、

 

つまり、手のひらサイズである可能性が高いです!

 

発売日は2018年12月3日(月)、希望小売価格は9,980円(税別)です!

 

プレイステーションクラシックが発売されると知ったところで、中身を見ていきましょう!

 

 

 

<1>,プレイステーション クラシック サイズ・デザイン

プレイステーションクラシックのサイズを、1994年に発売された初期型のプレイステーションと比較しながら紹介します。

 

①,サイズ

[TGS 2018]写真で見る「プレイステーション クラシック」。小さなボディだけでなく,オリジナルと同サイズのゲームパッドにも注目

 

写真は実寸大ではありませんが、比率でいうと初期型よりも縦横の長さが約45%、体積が約80%に縮小しました!

 

この2点の縮小のおかげで、片手だけで持てるサイズへと変化したわけです!

 

 

②,デザイン

サイズがかなりコンパクトになりましたが、デザインはそこまで変化しておりません。

 

(本体)

 

(コントローラー)

(外箱パッケージ)

「プレイステーションクラシック」の画像検索結果

 

本体の外観や、本体とコントローラーのボタン配置、外箱パッケージのデザインは一切変化しておりません。

 

これは、初期型で遊んだあの頃を忘れさせないために、初期デザインと変わらないようにしたのだと考えられます。

 

 

③,端子の配置は若干変わっている

ただ、本体の裏側にある端子の配置は初期と比べると変化があります。

 

(初期型)

「プレイステーション 端子」の画像検索結果

 

(クラシック)

 

大きさの関係や時代の流れをきっかけに、クラシックではテレビ出力に必要なHDMI端子と、

 

本体の電源点けるのに必要なUSB端子(ACアダプターに対応)の2つのみになりました!

 

コンパクトさだけでなく、プレイしやすさにも注力しているものだと分かりました!

 

 

<2>,ソフトは20本内蔵

これまでのミニサイズで販売されたゲーム機と同じく、

 

プレイステーションクラシックもソフトは本体に内蔵されたものとなります。

 

ソフトは20本内蔵ですが、全て判明しておりません。判明してるのは、以下の5タイトルのみです!

 

 

・R4 RIDGE RACER TYPE 4

・JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻

・鉄拳3

・ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル

・ワイルドアームズ

 

上記のタイトルは、当時最も流行ったソフトである印象があることから、

 

内蔵されるソフトの構成は、恐らくそれらが中心になるかと考えられます。

 

ソフト内蔵タイトルが判明するのは、いつになるのか分かりませんが、

 

分かり次第こちらのブログでも更新させて頂きます!

 

 

<3>,PSPlus加入者限定で先行予約開始!

発売時期はあと2か月半とまだまだ先ですが、PSPlus加入者限定でソニーストアにて先行予約が開始されました!

 

 

ただし、予約すれば完全にゲットできるというわけではなく、抽選予約になります!

 

また、プレイステーションクラシックは、数量限定販売なので、必ずゲットできるものではないことも頭に入れておいてください。

 

前回のファミコンミニで、一般販売されたものの、

 

人気過ぎるための品薄でクレーム殺到を防ぐためにそのような措置をとったのだと考えられます。

 

もし、一般販売の要望の声が多ければ、もしかすると完全に購入できる可能性もあるかと思います。

 

それを祈るしかありません。

 

プレイステーションストアカード 3000円

プレイステーションストアカード 5000円

プレイステーションストアカード 10000円

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする