【体験記】ニンテンドー2DSを購入! 3DSの高性能システムは健在、そして3DSとの違いについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンテンドー2DSを購入、そして開封!

2016年9月15日(木)に発売されたあのゲーム機を購入しました!

 

dsc_0873

 

ニンテンドー2DSです! お値段は10456円(税込)で、

3DSの登場当初よりも15,000円分も安いです・・・てか、激安です!

 

それでも、セット内容は3DSの購入時と全く同じです。

dsc_0875

 

本体は2DSでも、充電が必要なACアダプターもきちんと同梱されており、

アダプターの品番が最新のNewニンテンドー3DS仕様となっております!

dsc_0876

 

dsc_0877

 

さて、2DSの外観をぐるりと眺めたところで、

早速2DSを使用して、ゲームプレイしてみました!

 

 

 

2DSに降格しても、システムは3DS並みの高性能!

元々、日本には3DSの方が先に登場していましたが、

後にも2DSが登場するとなれば、正直降格してると思い込んでしまいます。

しかし、2DSと3DSの違いは大したことはなく(後述記載)、

むしろ、3DSと同じシステムなので、使い心地は効果バツグンです!

 

例えば・・・

 

インターネット接続できたり、

dsc_0890

 

ニンテンドーeショップでダウンロード関連コンテンツを購入できたり、

dsc_0892

 

3DSソフトで遊べたりもできます!

dsc_0894

 

普段から3DSを遊んでいる人たちにとっては、

すでに知ってる方が多いかと思いますが、

実際に2DSを手に触って遊んでみると、改めて高性能で遊びやすいゲームです!

 

 

2DSと3DSの違い

実際に2DSをプレイしてみて、

ここが3DSと大きく違ってると感じた部分を紹介いたします。

 

(1),折り畳み式ではなくなった

2DSを見て、一番分かりやすいのが折り畳み式ではなくなったことですね。

 

dsc_0885

 

dsc_0886

 

上の画像では通常の大きさの3DS、下の画像は3DSLLを比較してみました。

見た目通り、2DSは真ん中の折り畳みが無いことにより、

まっすぐな形をしており、上画面と下画面が平行になっています。

 

そのおかげで、2DS本体は薄くなりましたが、

カバンに入れる時などの収納スペースに少し範囲をとるくらいですね。

余談ですが、2DSにはLLサイズはなく、通常サイズのみとなります。

 

 

(2),LRボタンの押しやすさとソフトスロットの入れやすさ

2DSの上部分です。

 

dsc_0878

 

写真だけでは、分かりにくいことですが、

実は2DSは3DSよりも、左右のLRボタンが大きくなったり、

ソフトカートリッジスロットの範囲が大きくなっています。

それにより、LRボタンを多用したり、

ソフトをスロットにセットする時に、ソフトが入れやすくなりました。

 

これは、2DSの上半分が分厚くしたことで、

上部分の機能を少しでも使いやすくしたのではと考えられます。

 

 

(3),スリープスイッチでスリープモードにできる!

2DSの新部位「スリープスイッチ」です。

これは2DSの右下にあり、電源ボタンの真下に付いています。

 

dsc_0882

 

このボタンの使用用途は、ゲームプレイ中でも今すぐ一時中断、

つまり「スリープモード」にしたい場合に使用します。

スリープモードは簡単で、スリープスイッチを右側に動かすだけです。

 

dsc_0889

 

すると、スリープスイッチの奥がオレンジ色に変わります。

それにより、画面表示が消えて、ボタン操作が出来なくなりますが、

いつの間にか通信やすれちがい通信は受信できる状態であり、

2DS本体そのものの消費電力を抑える役目をしています。

 

この機能は、3DSでゲーム中に本体を折り畳むと、

スリープモードとなる代わりに新しく設置されたものです。

 

 

(4),無線通信の切り替えは、画面上で行う

3DSでの無線通信は右側の上あたりにありましたが、

一方2DSでの無線ランプを見ても、スイッチは見当たりません。

 

dsc_0887

 

では、どこで切り替えるのというと、

2DSのHOME画面の左上のアイコン「HOMEメニュー設定」内にあります。

そのアイコンを押して、下にある程度スクロールすると、

「無線通信のON/OFFの切り替え」ができます!

 

dsc_0888

 

飛行機や病院では無線通信をOFFにしなければならないので、

その場合はこの画面上にある切り替えスイッチで変更するしかありません。

3DSでは側面のスイッチありますが、どこかに触れることでの誤作動の恐れがある為、

後で登場した2DSでは画面上での設定に変えたのでしょう。

 

 

(5),3D表示がなくなった

3DSでは3D立体表示というシステムがありますが、

2DSではそのシステムは全くありません。

3D立体表示とは、画面を3D立体でゲームできることであり、

3DSから新搭載されたシステムです。

 

しかし、この3Dシステムは正直、あまり効果ないというユーザーが多いので、

2DSに無くても、支障なくプレイできるかと思います。

気にしない、気にしない(笑)

 

 

以上により、2DSが3DSが劣化してるというわけではありません。

むしろ、3から2へと数字では格下げされても、

2DSは3DSの良い部分はありのままに存在してるので、

かなり使い勝手の良いゲーム機であることは間違いありません!

 

私の3DS、すれちがい通信のデータが入りきらなくなったので、

これからは2DSが主力になりそうです(笑)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す