【コラボ】カプコンが交通系ICカードと3DS本体を連携させるゲームを開発することに! ポイント加算などの楽しい要素も付いてくる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カプコンは、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードと

ニンテンドー3DS本体を連携させるゲームが開発中であることが分かりました。

 

「ICカード 3DS」の画像検索結果

 

ソフトの型は、お店で販売されているようなパッケージ型なのか、

基本無料のダウンロード専用ソフトなのかはまだ分かりませんが、

ゲーム内容に関しては、一部方向性が決まっているとのことです。

一体どのようなゲームになるのでしょうか?

 

 

 

3DSと交通系ICカードを連携したゲームとは・・・

このゲーム内容の1つとして発表されたのが、

交通系ICカードに記録された乗車履歴などの情報が、

ゲーム内におけるアイテム入手やキャラクターとのコミュニケーションなどに

反映されるシステムが搭載されたということです。

 

使用できる交通系ICカードは10種類となり、

日本国内に実在する駅数がなんと9000駅以上もゲーム内に登場します!

 

 

ICカードを3DS画面にかざすとポイント加算!

駅の改札口で使用したICカードを3DSの画面にかざすと、

ポイント加算ができる仕組みになるとのことです!

さらに、使用した駅の乗車履歴や特徴などの情報を知ることができ、

3DSのゲーム内に反映される仕組みとなっております。

 

例えば、ICカードを札幌駅で使用し、それを3DSに読み込むと、

3DS内に札幌駅からの乗車履歴や特徴を閲覧できるようになるということです。

 

3DSでSuica、ICOCAなどの交通系ICカードを使うゲームをカプコンが開発

 

ポイント付加のヒントとして、

初めて行く駅やイベント開催中の最寄り駅ではポイントが高かったり、

特定の駅で期間限定のアイテムがもらえるなどがございます。

 

 

ゲームとコミュニケーションが出来るシステム

ICカードの乗車履歴を使用して、

ゲーム内のキャラクターとコミュニケーションできるようになります。

 

このカプコンの交通系ICカードを使う3DSゲームのタイトルや詳しい内容はまだ発表されておらず、今後明らかにされる予定です

 

例えば、大阪駅の乗車履歴がある場合、3DS内のキャラクターから

「大阪駅に行ったのですね。何しに行ったのですか?」と質問されます。

そして、その答えの選択肢に「仕事」を選ぶと、

「お疲れ様です。頑張るのもほどほどに!」とコメントされるといった進め方です。

 

選択肢の中から違う答えを選ぶと別のコメント返しされるというように、

利用者の答えに応じて、内容が変わってくる仕組みになるようです!

 

 

利用できる交通系ICカードは10種類!

 

3DS本体と連携できる交通ICカードは以下の10種類です!

 

  SnapCrab_NoName_2016-8-24_23-53-50_No-00

 

(ICカードの使用範囲一覧)

・Kitaca・・・JR北海道

・Suica・・・JR東日本

・PASMO・・・首都圏の私鉄・地下鉄・モノレールなど 詳細はPASMOホームページ

・TOICA・・・JR東海

・manaca・・・中京圏の私鉄・地下鉄・バスなど 詳細は名古屋市交通局

・ICOCA・・・JR西日本

・PiTaPa・・・関西圏の私鉄・地下鉄など 詳細はPiTaPaホームページ

・SUGOCA・・・JR九州

・nimoca・・・九州圏の私鉄・バスなど 詳細はnimocaホームページ

・はやかけん・・・福岡市交通局(地下鉄)

 

中には、利用可能な交通系ICカードに属してない地方や区域も存在しますが、

ゲーム機能を活用することにはもちろんのこと、

上記以外の地方の鉄道や関連施設との連携を増やし、

それぞれの地方の活性化へとつながる取り組みを励んでいく方針です!

 

そもそも本ゲーム自体、漠然とした部分が多いので、

新情報が入り次第、続々更新していく予定です!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ポケモンアニメサトシ大丈夫ですかね?
    拘束されましたけど?

コメントを残す