【期待】アニメ「逆転裁判」 第13話「逆転の約束」でついにアニメオリジナルのお話が出てくる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでのアニメ「逆転裁判」のストーリーは、

ゲームの「逆転裁判1」を元に進んでいました。

 

 

アニメ「逆転裁判」のこれまでのお話は以下のようになり、

サブタイトルはゲームと同じでした。

第1話     「初めての逆転」(ゲームでいう第1章)

第2話~第4話  「逆転姉妹」(ゲームでいう第2章)

第5話~第7話  「逆転のトノサマン」(ゲームでいう第3章)

第8話~第12話  「逆転、そしてサヨナラ」(ゲームでいう第4章)

 

先ほど記載した通り、これまでのアニメ「逆転裁判」は、

ゲームのシナリオとほとんど同じストーリーで進んでいました。

しかし、次の第13話でアニメのオリジナルストーリーが出てきます。

そのストーリーは一体どのようなものでしょうか?

 

 

 

第13話は、小学生時代の学級裁判から始まったストーリー・・・

第12話でひょうたん湖とDL6号事件が完全解決し、

次は蘇る逆転か逆転裁判2に基づいたストーリーが展開されるかと思いきや、

ここでアニメオリジナルのストーリーへと突入しました。

 

ancb04300

 

そのサブタイトルも「逆転の約束」

 

その前に、第12話「逆転、そしてサヨナラ  -Last Trial- 」のラストシーンで、

15年前である小学生時代の「御剣の給食費盗難事件」の真犯人が、

矢張だということが明らかになりました。

 

ancb03654

 

15年後の今になって、矢張が御剣に給食費を返すって

一体どういうことだよとツッコみたくなりました。

学級裁判で被告人となった成歩堂が可哀想すぎます・・・。

 

15年前の学級裁判は、御剣の給食費が盗まれたという内容であり、

それで、体育の授業に参加せず教室に居てたのが

成歩堂だけだったので犯人扱いにされました。

成歩堂は「私はやってない!」と否定する一方、

クラスのみんなは成歩堂を犯人呼ばわりにしていました。

 

状況的に不利だった成歩堂でしたが、

御剣と矢張が成歩堂の無罪を強く主張かつ信じたおかげで、

学級裁判の件は無事に無罪で終了いたしました!

 

 

学級裁判の放課後に、3人は捨て犬の飼い主を捜すことに・・・

学級裁判の無罪のおかげで、成歩堂・御剣・矢張の3人は少し仲良くなり、

その放課後、3人は一緒に遊ぶことにしました。

 

 

その時に、捨て犬を見つけた矢張をはじめ、その飼い主を探すことにしました。

飼い主探しで一緒に行動するにつれて、3人はさらに仲が深まり、

友情の証として、シグナルサムライのマスコットをお互いに持つことにしました!

 

SnapCrab_NoName_2016-6-19_9-46-13_No-00

 

しかし、DL6号事件が起きて御剣が転校することとなり、

成歩堂は御剣に会いに行こうとするが・・・以上、あらすじはここまでとなります。

 

その後の展開が気になりますが、

どうやら第13話は15年前の成歩堂の回想シーンの話であり、

法廷対決や事件のお話は一切無さそうです。

法廷対決がずっと続いてきましたが、

たまには息抜きとして回想シーンでしみじみと更けるのもアリですね。

 

【Amazon.co.jp限定】逆転裁判~その「真実」、異議あり! ~

DVD BOX Vol.1(メーカー特典:「描き下ろしアクリルマスコット」付)(完全生産限定版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す