【お得】3DSソフト「ポケモン超不思議のダンジョン」 「リングル」と「ラピス」の説明&おすすめの「ラピス」を紹介します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケダンシリーズで新たに発売された

「ポケモン超不思議のダンジョン」の新要素はいくつかあります。

そのうちの1つは、リングルとラピスです。

といっても、この2つの単語を見ただけで理解できるものではありません。

一体どういう意味や効果があるのか書いていきます!

 

 

 

「リングル」と「ラピス」とは?

「リングル」はポケモンに持たせる道具であり、

「ラピス」はリングルにはめることで効果が発揮できるアイテムです!

<リングル>

img_04

 

<ラピス>

img_05

 

片方どちらかしかなかったり片方のアイテムをそのままにすることは

これらの2つのアイテムの意味がありません!

「リングル」に「ラピス」をつけてこそやっと意味があるものです!

 

151127-1

 

ラピスは色んな種類がありますが、ダンジョンの中でのみ入手でき、

ダンジョンから出ると消えてしまうのでご注意ください!

だから、強いダンジョンを攻略する場合は、やみくもに歩き回らず、

強いラピスを探しながら取捨選択することをおススメします。

 

そうとはいえ、ラピスの種類はたくさんあり過ぎて

どれが良いのか悪いのかの判断がつきにくいものです。

そこで、私のお勧めのラピスをいくつか紹介いたします。

ただし個人的な意見なので、あくまでもご参考にお願いします。

 

 

おススメのラピスリスト byタテキョーヤ

①,いりょくアップX

「こうげき」の技の威力が上がり、

たくさんはめるとさらに効果が大きくなります!

さらに「いりょくアップY」も着用すると、なんと命中率もUPします!

Xを付ける際にはこうげき力の高いポケモン、

例えば、カイリキーやラムパルドにつけると効果絶大です!

 

②,いりょくアップY

「とくこう」の技の威力が上がり、

たくさんはめるとさらに効果が大きくなります!

さらに「いりょくアップX」も着用すると、なんと命中率もUPします!

Yを付ける際にはとくこう力の高いポケモン、

例えば、ミュウツーやフーディンにつけると効果絶大です!

 

③,タイプごりおし

自分の出す技が相手に対して「いまひとつ」や「こうかがない」場合でも、

大きなダメージを与えることが出来るようになります!

「いまひとつ」ではあまりダメージを与えられず、

「こうかがない」では全くダメージを与えられません!

それらのポケモンに対して全てダメージを与えられるとなれば、

苦手なタイプのポケモンが居なくなるということです!

 

④,ねむらせ・めまわし

「ねむらせ」は相手ポケモンに攻撃した場合、

時々「ねむり」状態にさせることができ、

「めまわし」は相手ポケモンに攻撃した場合、

時々「こんらん」状態にさせることができます!

 

「ねむり」と「こんらん」の状態異常は違いますが、

これらの異常はかかればかなり長引く種類なので、

タテキョーヤ本人のおススメラピスとして挙げておきます。

 

⑤,わざれんぱつ

時々技がもう1回繰り出すことがあります。

強力な技で発動すればザコ敵ポケモンはおろか、

ボスやおたずねものを一撃で倒せることもあり得ます。

また、自分が所持してるリングルに

空きがあるほど効果が大きくなります。

 

⑥,いあつかん

周りにいる敵ポケモンが技を使った時、失敗しやすくなります。

つまり、敵ポケモンの命中率が低くなり、

自分へダメージを無効化にさせる便利なラピスです。

特に、自分がピンチの時にこの効果が発動すれば、かなり嬉しいですね!

 

 

以上私のおススメラピスの紹介でした!

リングルもラピス同様多種類存在しますが、

今現在、リングルのそれぞれの効果に関して

まだはっきり分かっていない部分が多いです。(^^ゞ

 

リングルについてももう少し研究してからおススメを紹介していきます!

 

ポケモン超不思議のダンジョン  ポケモン超不思議のダンジョン

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 心姫 より:

    ラピスって、ラピスラズリって石を思い出しました。
    リングルにはめて使うのなら、
    まさに宝石のイメージなんですね。

    • tatekyoya より:

      心姫さんへ

      どうも、私もゲームプレイしてみて、
      ラピスとリングルの意味が分からなくて、
      進め方に関してかなり苦労しました(笑)

      わざわざ難しい名前を使ってると思いきや、
      由来が宝石にあるとは思いもしませんでした。

コメントを残す